見沼田んぼの鳥日記

年金生活者の気儘なバードウオッチングの記録です。自転車にカメラを乗せて、主に埼玉の里山「見沼田んぼ」を走り回っています。時に他所にも車で出かけます。

趣味のバードウオッチングをメインとした日記です。

晴れたり曇ったり。7時から約2時間半、東縁、芝川、さいたま市立病院西、西縁、芝川、東縁で約16km。
先日見つけた、バンの雛のポイントに行って見る。その耕作放棄地は水が少なくなって、バンの雛の隠れ家である、ガマの茂みも陸続きとなっている。これでは、天敵も容易に近づけるだろう。
バンの親も雛も姿はない。
写真1;干上がっているバンの住処
写真2,3,4;今日のモズの巣立ち雛(先日の同じ個体か姉妹か)
 DSC07127 (1)
DSC07133 (1)
DSC07137 (1)
DSC07140 (1)
                                                  


晴れ。7時過ぎから約1時間半、近場を一回りで、約4km。
今日も熱中症警戒とのこと、近場だけ回り、早めに帰宅。
昨日の鳥見で、コアジサシと何か雰囲気が違う鳥が気になって、撮ってみる。自宅に帰り、写真を見るとコアジサシと異なり、お腹が黒い。初めて、見沼田んぼで見るクロハラアジサシだ。見沼田んぼで出会った153種目の鳥となる。
写真1・・4;初めての出会いクロハラアジサシ
写真5、6;コアジサシ
写真7・・10;今日のオオバン
写真11;同じくオオヨシキリ
DSC07084 (1)
DSC07058 (1)
DSC07066 (1)
DSC07068 (1)
DSC07069 (1)
DSC07077 (1)
DSC07078 (1)
DSC07093 (1)
DSC07098 (1)
DSC07097 (1)
DSC07116 (1)

晴れ。7時から約2時間、東縁、芝川、東縁、見沼自然公園、東縁、芝川、東縁で約16km。
熱中症予防のため、新たに調達したファンと冷却器を持って出かける。
それでも、外気温30度になる前に帰宅をする。
5日前に6羽いたカルガモの小さい雛は、今日はもう3羽になっている。見ていると、親ガモは雛に近づく鯉を嘴で突いている。鯉は雛を食べないが、この池にはブルーギルなども居て、雛を狙うのだろう。
一方、先に生まれた大きい方は未だ5羽健在。
昨日は1羽見られたコアジサシが、今日は3羽居る。
写真」1,2;3羽になったカルガモ雛(小さい方)
写真3,4;未だ5羽いるカルガモ雛(大きい方)
写真5;3羽のコアジサシ
DSC06999 (1)
DSC06983 (1)
DSC06976 (1)
DSC07000 (1)
DSC07025 (1)



↑このページのトップヘ